Starring

Bob MacTavish/ボブ・マクタビッシュ

Bob MacTavish/ボブ・マクタビッシュ

1944年オーストラリア生まれ。12歳からサーフィンを始める。10代後半で社会からドロップアウトし、サーフィン一辺倒の暮らしを送る。オーストラリア・ヌーサを中心に、新しいサーフボードの開発に力を注ぐ。ナット・ヤングの盟友でもある。平均的なサーフボードの長さを3フィート分カットすることで、1967年のショートボード革命を牽引する役割を果たした。その新しいデザインをハワイとカリフォルニアへ持ち込んだことが、現代のサーフボードへとつながる新たな動きを加速させることになった。1992年には、ファン投票で「サーフィン史上もっとも偉大なシェイパー」に選出されている。

Dick Brewer/ディック・ブリュワー

Dick Brewer/ディック・ブリュワー

1936年カリフォルニア生まれ。1960年代からハワイに住み始める。天才肌の孤高のシェイパー。「シェイプの神様」と呼ばれ、彼が手がけるボードはカリスマ的人気を誇る。特に、命をかけるビッグウェーバーからの信望が厚いことからも、その腕は察せられよう。これまでに個人で6万本を超えるボードをシェイプしてきた。ディックは、あらゆる側面からこの映画をサポートしている。「ゴーイング・バーティカル」のオーストラリア・プレミアでは、現地まで足を運び、フィルムを最初に見た時の彼は、目に涙を浮かべながら「これはまさにサーフ・ムービーの最高峰だよ」と語ったという。

Nat Young/ナット・ヤング

Nat Young
ナット・ヤング

1947年オーストラリア生まれ。長身を生かしたパワーあふれるサーフィンで「アニマル」という異名を持つ。1966年の世界選手権のチャンピオン。後に息子のボウ・ヤングもロングボードの世界タイトルを獲得し、サーフィン界初の親子二代のチャンピオンになった。

Gerry Lopez/ジェリー・ロペス

Gerry Lopez
ジェリー・ロペス

1948年ハワイ生まれ。世界的なサーフポイント、パイプラインで、スタイリッシュなサーフィンで人々を魅了した“パイプライン・マスター”。菜食主義を徹底し、日々のヨガを欠かさない。サーフィンの精神性を追求するソウル・サーファーとして知られる。映画「コナン・ザ・グレート」出演者。

George Greenough/ジョージ・グリノー

George Greenough
ジョージ・グリノー

1941年カリフォルニア生まれ。サーフィン界の天才クリエイターである。「サーフボード」という枠にとらわれず、ニーボードやマットサーフィンなどを開発してきた。特に彼が開発したフレックス・フィンのコンセプトは、ショートボード革命に大きな影響を与えた。映画「ビッグ・ウェンズデー」撮影。映画「ドルフィン・グライド」監督。

Kelly Slater/ケリー・スレーター

Kelly Slater
ケリー・スレーター

1972年フロリダ州ココ・ビーチ生まれ。前人未到の11回のワールドチャンピオン歴を誇るケリー・スレーターは、サーフィン史上もっとも優れたサーファーとして広く知られている。この映画の熱心なサポーターであるケリーは、公の場でも何度もこの映画についての話をしている。

Mick Fanning/ミック・ファニング

Mick Fanning
ミック・ファニング

1981年オーストラリア・ペヌリス生まれ。世界チャンピオンに2度輝いている。世界で活躍する現在のトップサーファーの一人である。

Mike Hynson/マイク・ヒンソン

Mike Hynson
マイク・ヒンソン

1942年カリフォルニア生まれ。50年代半ばに両親とサンディエゴに引越したのをきっかけにサーフィンを始め、その後サーフボードのシェープを始めた。映画「エンドレス・サマー」の主役の一人で、当時多くのサーファーが彼のスタイルを真似した。現在は、世界的に有名なレジェンド・シェーパー兼デザイナーである。


GREENROOM FILM © 2018 All Rights Reserved

Designed by WPSHOWER

Powered by WordPress