One Night, One Love

Story

STORY

アメリカで人気絶頂のエレクトロ・ポップ・デュオ、ザ・メイク。
ヴォーカルのアダムと相棒のタイコは、イギリス最大級のロック・フェス、
〈T・イン・ザ・パーク〉の会場で取材を受けていた。
ところが、そこにやって来た売り出し中のガールズ・パンク・バンド、
ダーティー・ピンクスのモレロとアダムは、
ふとしたことから口論になってしまう。
しかも、仲裁に入った見ず知らずの男が喧嘩をおさめようと
二人を手錠で繋いで、そのままどこかに消えてしまったのだ。
困ったことに、どうやっても手錠は外れず、
二人は強制的に行動を共にすることになってしまう。

自分勝手で気ままなアダムと鼻っ柱が強いモレロはいがみあってばかり。
手錠を外すために奔走するマネージャーのボビーを横目に
タイコは事の成り行きを面白がっているが、
アダムのガールフレンドでスーパーモデルのレイクは、
アダムが他の女と一緒にいることが気に食わない。

一方、モレロのほうはといえば、
念願かなって初めて〈T・イン・ザ・パーク〉に出場が決まっただけに、
出演時間が近づくにつれて喧嘩どころではなくなってくる。
そんなモレロに付き添う生真面目な恋人のマークも心配そうだ。

そして、ついにダーティー・ピンクスの出番がやってきて、
アダムは手錠で繋がったままモレロと一緒にステージへ。
最初はふてくされていたアダムだが、
ライヴの熱気に煽られ、勝手に演奏に加わり始める。
最初は戸惑っていたバンドだが次第に演奏はヒートアップ。
気がつけばライヴは熱狂で包まれていた。

ライヴでの思わぬ共演きっかけになって、
少しずつ気持ちが近づき始めるアダムとモレロ。
そして、手錠が外れないまま、
二人はそれぞれの恋人達も交えて一夜を過ごすことになるが、
そこで思わぬ事件が待ち受けていた……。

 

 

T in the Park (ティー・イン・ザ・パーク)

T in the Park (ティー・イン・ザ・パーク)

イギリス・スコットランドのパース・アンド・キンロス、バラード (Balado) の空港跡地で毎年7月中旬に行なわれている野外ロック・フェスティバル。
第1回開催は1994年。当初はサウス・ラナークシャイアの国立公園であるストラスクライド公園内で開催されていたが、1997年以降はバラードの閉鎖空港にその開催地を移し、今年2012年、19回目を迎える。
はじめ2日間の開催であったが、2007年より3日間開催に移行。翌年からは日本のフジロックと同様に、参加客のキャンプ・サイトが併設し、前日からに開放し、前夜祭を含む4日間にわたって開催されている。
平原状の広大な会場には、7つの主要演奏ステージの他、大小多くのアトラクションや飲食テント、宿泊用のキャンプサイトからなる。その開催規模は世界最大のロックフェス、“グラストンベリー”(英国) に次ぎ、英国最大を誇る。2005年と2006年には2年連続でイギリスのフェスティバル・アワードでナンバー1に輝くなど、環境面の充実も認知されており、グラストンベリーやフジロック(日本)、コーチェラ(アメリカ)、ボナルーらと同様に自然の中で3日間にわたって開催される巨大ロック・フェスティバルである。イベント名「T in the Park」に冠する「T」とは、スコットランドを代表するビール会社にして本フェスのメイン・スポンサーである「テネンツ (Tennents)」の頭文字を表している。

【メインアクト】
2012年  スノウ・パトロール、ストーン・ローゼス、カサビアン
2011年  アークティック・モンキーズ、コールドプレイ、フー・ファイターズ
2010年  ミューズ、エミネム、カサビアン
2009年  キングス・オブ・レオン、ザ・キラーズ、ブラー
2008年  ザ・ヴァーヴ、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、R.E.M.
2007年  アークティック・モンキーズ、ザ・キラーズ、スノウ・パトロール
2006年  レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ザ・フー
2005年  フー・ファイターズ、グリーン・デイ
2004年  ザ・ダークネス、ザ・ストロークス
2003年  R.E.M.、コールドプレイ
2002年  オアシス、ケミカル・ブラザーズ


GREENROOM FILM © 2018 All Rights Reserved

Designed by WPSHOWER

Powered by WordPress